第1回なべげんイタコ演劇祭

第1回なべげんイタコ演劇祭

2018年5月1日〜6月3日

     ザ・スズナリ 

     渡辺源四郎商店しんまち本店2階稽古場 

     渡辺源四郎商店NET通販支店

   


第1回なべげんイタコ演劇祭に寄せて
 青森県には「イタコ」と呼ばれる民間の巫術者がいる。イタコは死者の霊を自らに憑依させてその言葉を語る。これを「ホトケオロシ」もしくは「口寄せ」という。これがインチキなのかそうでないのか。そんなことはどうでもいい。人はしばしば死者の姿を見、声を聞く。私はタイで死にかけた時(食あたり)、枕元で亡父の声を確かに聞いた。幽霊もあの世もUFOも信じない私であるが、あれが空耳だったとは思わない。イタコを通して死者の声を聞き、癒やしを得る人々が後を絶たないのが事実なら、他に必要なことがあるだろうか。
 渡辺源四郎商店は今回、イタコにまつわる二つの物語を上演する。これが演劇による癒やしだ、などと大それた事は言わない。今まで何度か題材に取り上げてきた我が郷土の愛すべき呪法について、再び考えを巡らすべき時が来たように思うのである。どうぞお楽しみ下さい。

渡辺源四郎商店店主 畑澤聖悟


第1回なべげんイタコ演劇祭の詳細はこちら

第1回なべげんイタコ演劇祭期間中、劇場ロビーで、イタコフェア開催!


また、5月1日『いたこといたろう』19:30の回終演後
畑澤聖悟と工藤千夏によるポスト・パフォーマンス・トーク
「畑澤聖悟戯曲におけるイタコの存在」
新作『いたこといたろう』、『イタコ探偵工藤よしこの事件簿』、『もしイタ ~もし高校野球の女子マネージャーが青森の「イタコ」を呼んだら』、『シュウさんと修ちゃんと風の列車』、 『県立戦隊アオモレンジャー全国放送版』、『みなぎる血潮はらっせらー』等、畑澤聖悟作品に登場するイタコのあれこれを語ります。

b0306700_15001557.jpg
b0306700_15001876.jpg


[PR]

by nabegen-itakotan | 2019-12-31 23:31  

DVD『イタコ探偵工藤よしこの... >>