真打は後からやってくる

ずっと変わらないことが長く愛される秘訣です

権藤です

思えばこのキャラクター紹介も「ずっと変わらない」ことを貫いてきました

毎回毎回の「権藤です」自己紹介
毎回毎回の「中の人いじり」
毎回毎回の「ラジオドラマのCM]


しかし、これも今回が最後になります
そう、本番放送3日前にして…

ついに自己紹介を完結にしたいと思います
最後に紹介するのはこの人しかいないでしょう



推理役「対馬よしこ」の登場です
最後ですので、ここぞとばかりに紹介させていただきます。
もやはストーリーもオチも全部暴露するくらいに紹介します!!!!


対馬よしこさんは、喫茶マロナップルで働く看板娘です
誰がどう言おうと、看板娘です
けっして3人娘に割り込む小悪魔娘ではないのです

しかし、対馬よしこさんは単なる看板娘ではありません。
実は…実は・・・・ここだけの話…


イタコなのです!!!!


えっ、想像できていた?
なんでですか?
なぜ、ラジオドラマ『イタコ探偵工藤よしこの事件簿スペシャル』の主人公がイタコだと分かったのですか?


そんなイタコの対馬よしこさん、一体何をおろすのでしょうか。
そして彼女は何を語るのでしょうか?

因みに、よしこさんはある高校生にイタコの術を教えたこともあるのだとか…。
そんなスーパー「イタコ」がこの難事件に挑む…これはもう期待するしかありませんね!

ところで、彼女の名前…対馬というのはどこかでみたような…苗字ですね。まあ、気のせいでしょう。


ここでちょっと喫茶マロナップルについて紹介しましょう。喫茶マロナップルは青森県民の心の味を提供する由緒正しき喫茶店です。とくにホタテイカスミスパゲティと「味噌カレー牛乳ラーメン」は最高です。

味噌カレー牛乳ラーメン、青森県民のソウルフードではありますが青森県民以外の人が聞いたらその名前に驚愕することでしょう。味噌にカレーに牛乳にラーメン…あうはずがない。
しかし、これが不思議にも合うんです。独特のコクとうまみは絶妙にブレンドされた食材の黄金比が生み出す奇跡としかいいようがありません。この味だけは食べねば伝わらない。マロナップルもいいですが、味の札幌大西さんもいい味出しています。青森市街地にお越しの際はぜひ、お立ち寄りください。

「味の札幌 大西」
青森県青森市古川1丁目15-6 古川パークビル1F
電話:017-723-1036



そんな、味噌カレー牛乳ラーメンを作り出すことのできる喫茶マロナップル!
今回は特別に良くこの喫茶店を訪れるという地元のお客様の声を紹介します。


「あっ、自分は地元の刑事をしています。
 よくこの喫茶店は利用しています。
 ほ・・・ホタテイカスミスパゲティにはまっています。
 あの素晴らしい味と…よしこさんの愛らしい笑顔が忘れられません。
 いや、あの・・・けっしてよしこさんが目当てというわけではなく。
 あくまで、私は、ほ・・・ホタテイカスミスパゲティを・・・」
(地元刑事:K藤さん)




なるほど・・・実に分かりやすいインタビューでした。
しかし、ラジオドラマ『イタコ探偵工藤よしこの事件簿スペシャル』はそんなに分かりやすくはない。

第27回日本ミステリノベル新人賞受賞作家、権藤ですら解き明かせなかった謎にイタコ探偵が迫る。
彼女は幾重にも張り巡らされた謎をとくことができるのか?!

迫りくる恐怖と謎が謎を呼ぶ展開!
事件の果てに彼女が見たものとは?


ラジオドラマ『イタコ探偵工藤よしこの事件簿スペシャル』
もうあなたは…聞くしかない!!!


b0306700_1351841.jpg

    対馬よしこ(CV:奥崎愛野)


人は探偵として生まれるのではない…探偵になるのだ
[PR]

by nabegen-itakotan | 2013-09-27 19:55 | キャラクター  

<< 物語の始まりはいつも彼女だった… 演劇公演情報 >>