アネサマの力

安売りで買った卵の使い方に困っています

権藤です

早いものでラジオドラマ『イタコ探偵工藤よしこの事件簿スペシャル』の本番が今週末に迫りました。
なお、卵の賞味期限も金曜日に迫っています。

こんな時、どうすればいいのか…。
とりあえず、今回のキャラクターをご紹介しましょう。


その名も「アネサマ」です。
前回の「ソフトクリームの売り子」に続いて・・・なんとも・・・説明のしがたい。


「アネサマ」は青森県民の台所、魚市場のアネサマです。
のっけ丼で大人気のあの魚市場です。

ここからは雑学になりますが。
のっけ丼を観光の目玉として売り出したのは実はここ数年のことです。
それまでは、ごく普通の魚市場でした。

自称「のっけ丼の生みの親」と名乗るのは元日本銀行青森支店長の鶴海さんです。
というものの、公認ではなくあくまで自称ですが…。


さて、そんな魚市場でアネサマと呼ばれ慕われているアネサマですが。
職業はもちろんアネサマなわけです。
今日も、魚市場で人一倍元気な声をあげ、アネサマ業にいそしむアネサマ。
土日には少年野球のコーチとして、バットを振っているそうです。

困った人を見るとほっておけない性格で、魚市場で人生相談にも乗っているそうです。
どうか私にも卵の使い道をレクチャーしていただきたいものです。

b0306700_21411994.jpg

  アネサマ(CV:柿崎彩香)
[PR]

by nabegen-itakotan | 2013-09-27 20:30 | キャラクター  

<< 姿を見せぬ男 ガヤ、そこにある日常 >>