ソフトクリーム

夜食でラーメンを食べました

権藤です

日本人は発明が下手だといわれますが…。
インスタントラーメンは日本人の大発明ですよね。
こんなに簡単で美味しい食材はなかなかありませんぞ。

インスタントに限らず日本人は味覚が繊細なので
食べ物の改造はお手の物ですね。
ナポリタン、カレー、トルコライスなど見事に日本人好みに改造されています。

そういえば、ご当地ソフトクリームとかもかなり日本人らしいと思います。
甘さの中に、ほのかに抹茶だのワサビだのの風味を混ぜる。最終的には塩ソフトにホタテソフトですよ。
普通に考えれば甘さにかき消されそうな素材の味をしっかり感じさせる能力に感嘆せざるを得ません。


おっと、脱線しました。
今日紹介するのは、その名も「ソフトクリーム売り子」さんです!

・・・なんですかその目は?
「紹介する内容がなさ過ぎてソフトクリームの話で引っ張ったな」と言わんばかりの目は。

いかに私が第27回日本ミステリノベル新人賞受賞作家とはいえ、
(チョイ役の説明をするのは)さすがに情報量が少なすぎます。


まじめに紹介したらこんな感じです。


  「ソフトクリームの売り子さんはソフトクリームを売っています。」


終わりじゃないですか。もう少し頑張っても…


  「三内丸山遺跡でソフトクリームを売っています」




くらいしか広げようがありません。2行で終わってしまいます。
えっ?そこをなんとかするのが仕事だ?



おもろいやん・・・



稀代の小説家として創意工夫を凝らして、がんばって紹介をしてみましょう。


ソフトクリームの売り子…意外な人物の登場に私は震えた。
それは彼女の素晴らしい売り声にではない。
彼女の風貌がまるで修学旅行にやってきたクラス委員長のようだったからでもない。
ましてや、彼女の販売するソフトクリームが美味しそうだったからでもないのだ。

私は彼女をみて直感的に気がついたのである。
この女性は”危ない”と。
彼女がひとたびスイカを持てば、きっと落として割ってしまうだろう。
彼女がひとたび本を音読すれば、漢字の読み間違いを5個は指摘できるだろう。
彼女がひとたび人をほめれば、褒めてないよというフレーズを連発するであろう。
彼女はきっとそういう人だ。しかしながら、それを自覚していない。

一見すると、素朴でかわいらしいタイプの女性こそ一番気をつけねばならない。

そんな彼女がソフトクリームを売るというのだ。
一体、どんな結末が待っているのだろう。



その真実をしることができるのは…
ラジオドラマ『イタコ探偵工藤よしこの事件簿スペシャル』を聞いたあなただけ。

b0306700_22111535.jpg

   ソフトクリームの売り子(CV:山上由美子)
[PR]

by nabegen-itakotan | 2013-09-27 22:10 | キャラクター  

<< ハードボイルドな生き方 姿を見せぬ男 >>