暗号解読

どうですごん?


権藤です!


日曜だというのに出勤でした。
出勤?いえ、こちらの話です。
キャラクター紹介も強引に進めていますが…息抜きにミステリー談義です。

本日は、ミステリーの世界でも根強い人気がある暗号解読のお話です。


冒頭の一文は非常に簡単な暗号文ですが、お分かりだったでしょうか?
「どう です ごん」の順番を入れ替えると
「ごん どう です」になります。
ですので、暗号解読後の表記をしてみますと…

権藤です?
権藤です!

となります。
これはアナグラム方式の暗号で、暗号としてはかなり初歩的暗号です。
短文であれば割と簡単に解くことができますが、長文になればなるほど組み合わせパターンが多くなるので難解になります。もし文字列を入れ替えた後の文章に意味を持たせないアナグラムを作る場合、組合せは文字数の階上通り存在するので基本的に解くのは絶望的になってきます。
もっとも、パソコンを使えば全ての組み合わせを検討して意味がある語を抽出しながら文章を仮定するという方法で簡単に溶けてしまします。
因みに、日本で最も有名なアナグラムといっても過言ではないのは「いろは歌」で50音の組み合わせで意味のある文章に組み替えた綺麗なアナグラムです。

もうひとつ、かなり初期的な暗号を…。
「るぜきびるむ」

これはシーザー暗号です。
特定のルール―に従い文字を「ずらす」ことにより成立しています。
50音表を想像し、各文字を2文字前にずらしてみてください。

つまり
      「る」→「ら」 
               になります。


分かりましたか?
これはアナグラムとは違い、一定のルールを見つけることによって暗号をとく方式です。


こういった暗号解読を主に取り扱う推理小説は多くあります。
エドガー・アラン・ポーの「小金虫」は世界初で初めて暗号文をとりいれた小説を言われています。
エドガーの名前をもじった江戸川乱歩の「二銭銅貨」も暗号解読の小説だったのはおそらく「黄金虫」を意識したからでしょう。
シャーロック・ホームズシリーズでは言わずと知れた名作「踊る人形」があります。

また、いわゆるダイイングメッセージを扱う小説も広い意味で暗号解読の小説といえます。
ただし、ダイイングメッセージに意味がなかったというケースのストーリーも多いですが…。


さて、ここまで解説をしてきてなんですが…。
私はあまり暗号解読は得意ではありません。頭が固いんだなあ、と思います。
なので、自分の小説ではほとんど暗号を使ったことはありませんね。
ただし、読者の方からは「この前の新刊は暗号ようだった」なんていわれますね。

・・・そんな、私が唯一暗号をテーマに描いた小説
「ネコ・ネコ・ネコ」は肉球の形の違いによって暗号化したという斬新な一冊です。
再販未定の一品ですが古本屋などで見かけた場合はぜひお買い求めください。


では、最後にもう一つ暗号文を…。
ラジオドラマ『イタコ探偵工藤よしこの事件簿スペシャル』の真相に迫る暗号です。
謎を解いたら…すべてがわかってしまうかもしれません…。

なので、謎解きが得意でまだネタバレしたくない人は解かないようにしましょう・・・。



善「良」であろうと願う人の心は「愛」に満ちていて、でも実はそういう人たちは「明」かに確信犯

 人の心に一度悪の華が「咲」くと、その高「貴」な「彩」りに毒されて思考は自「由」でななくなる

   人の心の変わりやすさは振り子のようで、「唯」の一度も止まることはないのだ。それは

    「晴」れた日も、「澪」流れる雨の日も、「昭」和の「里」でも、平成の町でも同じこと

     人は愛と悪との間で、「浩」々とした荒地を「耕」す開拓者とでもいうのだろうか


ヒントはこの文章が「さんぶん」であるということですかね?
もちろん回答は…放送終了後まで秘密です
      



ついに最終回迎えましたね。
答え合わせです。

ルールが分かりにくいだけで、すこぶる簡単な暗号です。
ヒントの「さんぶん」・・・三文目(三段目)に「振り子」というフレーズがあります。
そして、文章全体…下の段に行くほど文字数が少なくなり、まるで振り子の軌道のように見えます。

なので、振り子のように各段落の端の一文字を追っていきましょう。
この場合、「善」から始めるパターンと「犯」から始めるパターンがあります。
両方やってみてください。

善→る→人→と→人

これではちょっと意味が通じません。
次です

犯→人→は→晴→か

ということです。

まあ、暗号解読は半分以上こじつけですから。
[PR]

by nabegen-itakotan | 2013-09-25 20:30 | ミステリー  

<< 3つの共通点は? 死亡フラグ >>