謎の男は事件をかき乱す

夜は若く、僕も若かったが、夜の空気は甘いのに、僕の気分は苦かった

権藤です。

冒頭のフレーズはウィリアム・アイリッシュの名作「幻の女」のオマージュです。
今回紹介するのは「幻の男」です。

その男について分かっていることは2つだけです。


1つ目は司会者であるということ
2つ目は声が良いということ


この2つだけが彼における厳然たる事実として存在しています。
その名前すら分かりません。
でも、数々に噂話はあります。

とあるラジオ局でディレクターをしているとか、
かつて「ガチョウ兄さん」という芸名で活動していたとか、
かつて青森県の平和を守る5人組のリーダーだったとか

しかし、そのすべては噂にすぎない

でも私は知っています。
実は彼がラジオドラマ『イタコ探偵工藤よしこの事件簿スペシャル』において、
重要な役割を担っているということを。

もしかすると、今回の物語の全てが…彼が操っているのかもしれません。
おっと、これ以上は言えません。
私もまだ消されるわけにはいかないのです。


幻の男の全貌が明かされるのか?
ラジオドラマ『イタコ探偵工藤よしこの事件簿スペシャル』は11日から放送


b0306700_20475967.jpg

   司会者(CV:夏目浩光)

青森のラジオ局から良く似た声が時々聞こえてきます。
[PR]

by nabegen-itakotan | 2013-09-27 22:20 | キャラクター  

<< 正統派主人公 ハードボイルドな生き方 >>